●多治見工場

自動巻線搬送装置

4軸4基巻線機に多関節ロボット1基でボビンを供給・排出。更に製品はストッカーに回収され、ストッカーは段積、段ばらしを行い連続搬送が可能です。
ワークの把持はダブルフィンガーで実と空のボビンを移載します。

ロボット搬送


ストッカー
昇降機は、前後に2基ありパレット1枚毎に移載します。



プッシュ型イモビコイル自動組立

1号機
1軸3基の巻線機に多関節ロボット1基で組立・検査を自動化した装置です。



2号機
2軸2基の巻線機に1軸NCで搬送して組立・検査を自動化した装置です。

自動化の進化
シンプルでローコストタイプにし省スペース化も実現します。

 

イモビコイル自動組立

1号機 (2ライン)
1軸3基の巻線機に1軸NCで製品を順次取出し、検査を行い定位置にベルト搬送します。
  取出し反転機構



2号機
1軸3基の巻線機に多関節ロボット1基で組立・検査を自動化した装置です。

進化の特長
2号機は、治具の交換(シングル段取)による多品種対応が可能です。

 

キーソレノイド自動組立

6工程のステーションをピッチコンベヤーでワークを搬送し、Man/Machineの混合ラインです。特に機能検査の保持力、吸引力のメカ部はNCを使った自社製です。
又、ワーク有無センサーによる誤組みが防止ができます。

カシメ

トンボ返し機構

カシメ スライド機構

カシメ機構

機能検査

機能測定

機能測定



リード付きキーソレノイド自動組立

手組みと自動検査の連結ラインで一貫生産ができます。特にリード線付きでの検査が可能で数量の変動対応が可能です。

自動検査

 

ヨークカシメ全自動組立機

ワークの供給は、パーツフィーダーにより6stを全自動で組立てています。
特にカシメstは新しい装置(サーボ機構)を導入し、その精度も安定し、騒音も従来に比べて90dBから60dBまで軽減しました。



カシメ

カシメ

ヨーク 反転

 

セキデン 多治見工場 概要

敷地面積 1,491平方メートル (452坪)
建築面積 1,326平方メートル (402坪)
従業員 81名(2010年9月現在)

 

 

製品紹介

 



株式会社セキデン
三重県亀山市関町新所961-6