沿 革
昭和34年7月(1959.07)関町新所1137番地において、代表取締役会長川森惇介が、関電業社を設立し、自動車用電線加工業として創業する。同時に東海電線(株)と取引を開始する。
昭和39年4月(1964.04)資本金50万円にて法人組織に改め、有限会社関電業社を設立する。
昭和39年10月(1964.10)(株)東海理化電機製作所と取引を開始し、生産体制を変更して業務の拡大を図る。資本金を150万円に増資する。
昭和55年6月(1980.06)資本金を800万円に増資する。
昭和55年11月(1980.11)優良法人として、鈴鹿税務署より再度表彰される。
昭和56年2月(1981.02)営業範囲を拡大し、日本電池(株)及び名古屋電気(株)の協力工場となり、バッテリーコード、プラグコード等の製造販売を行なう。
昭和57年2月(1982.02)TPMを導入し、企業体質の改善を図る。
昭和57年7月(1982.07)治工具類の内製化を図り、工作機械を導入する。
昭和57年10月(1982.10)系列会社として、シトモ電子(株)を設立する。
昭和59年8月(1984.08)PM優秀事業場賞第二類を受賞する。
昭和62年11月(1987.11)資本金を1600万円に増資する。
平成元年8月(1989.08)株式会社セキデンに社名を変更する。
平成2年11月(1990.11)現在地に新社屋を完成し、本社工場を移転する。
平成7年5月(1995.05)営業範囲を拡大し、新規3社と取引開始する。
平成10年9月(1998.09)エアバッグ用ハーネスの製造販売を開始する。
平成13年10月(2001.10)資材管理センターを本社工場に隣接し、部品の集中管理体制を強化する。
平成14年6月(2002.06)環境ISO14001の認証取得。
平成15年2月(2003.02)品質ISO9001の認証取得。
平成15年4月(2003.04)経営陣を刷新し、組織体制強化を図る。
平成16年2月(2004.02)中国、天津市に「天津関電電子有限公司」設立。
平成18年4月(2006.04)中国、広東省佛山市に「佛山関電電子有限公司」設立。
平成19年1月(2007.01)系列会社として、(株)松阪セキデン設立。
平成21年3月(2009.03)佛山関電電子有限公司 
ISO14001:2004 ISO9001:2000取得
平成21年4月(2009.04)(株)名立電工よりの事業譲渡にて春日井工場、 
多治見工場設立。
平成23年10月 (2011.10) 資本金を8,000万円に増資する。
平成24年8月 (2012.08) タイ、Samutprakarn県に「Sekiden(Thailand)Co.,Ltd.」設立。


会社概要沿 革アクセス


株式会社セキデン
三重県亀山市関町新所961-6